巧妙になりつつある泥棒被害から防犯ガラスで身を守る

防犯ガラスを設置して安全な暮らしをする

防犯ガラスに変える

ガラスはもっとも侵入しやすい

 どんな時代も泥棒は絶えることはなく、世知辛い現代なら尚のこと、スキあらば家への侵入を狙っています。家の者がいるときなら泥棒から居直り強盗へと早がわりすることだってあります。そんなとき、ほんのささいなちがいで被害に遭わなかったということもあります。  泥棒の多くは窓からの侵入を試みます。なぜならガラスは中の様子がうかがえますし、壊しやすいからです。ですから泥棒が入りにくい家を作るためには、まず最初に防犯ガラスに傾注する必要があります。  もちろん防犯ガラスだけで侵入を完全にシャットアウトというわけにはいきません。他の防犯アイテム、たとえば補助カギや防犯センサーなど、あわせ技をおこなうことでさらなる防犯へとつながります。

どんな侵入方法にも対応

 泥棒がガラスから侵入するときに多く使うやり方として主に、ドライバーなどで小さな穴を開ける方法、大胆に叩き割る方法、そして最近増えた焼いて穴を開ける方法があります。これらに対してはすべて防犯ガラスで対応することができます。  防犯ガラスは衝撃に強いだけでなく、叩けば大きな音がするものもありますし、また耐熱ガラスを使用しているものもあります。泥棒が嫌がるのは開けるのに時間がかかること、大きな音がすることですから、それを考慮して作られているのです。  しかし、防犯ガラスは普通のガラスに比べてどうしても高くなります。一部に使用するならまだしも、家の窓すべてとなれば家計を圧迫してしまうでしょう。そんなときは、侵入が容易でない窓ガラスには防犯フィルムなどを貼ることである程度の防犯を高めることができます。

Copyright © 2015 巧妙になりつつある泥棒被害から防犯ガラスで身を守る All Rights Reserved.