巧妙になりつつある泥棒被害から防犯ガラスで身を守る

防犯ガラスを設置して安全な暮らしをする

自転車の鍵

自転車の鍵の形状と値段

昔からあるかご付きの自転車には鍵が前輪や後輪に最初から備わっています。なので、わざわざ鍵を新しく買う必要はありませんでした。 しかし、自転車に最初からついている鍵は強度が低く、簡単に壊れてしまう、あるいは開けられてしまうという欠点があり、現在は市販されている鍵をつけている人が多いです。 その中でもっとも安いのはワイヤー錠と呼ばれているもので、100円ショップでも売られています。 ワイヤー錠よりも強度があるものに、U字ロックがあります。これは、U字型の金属を自転車の車輪にはめるというものです。太さによって金額が変わってきますが、細いものでも1000円を超えるのが普通で、太いものであれば一万円近いものもあります。

高価なロードバイクが盗まれないように進化している

自転車の鍵は、最初は非常にシンプルなものでした。たとえば、昔よくあったタイプは、前輪についていて、ロックをする時は金属を押し込んで車輪が回らないようにするというものでした。 その後、今度は後輪について、車輪に金属を通してロックするという形になりました。これで強度はかなり増しました。 ただ、ロードバイクなどの軽量化を前提としている自転車には、デフォルトで鍵はついていないので、こういった自転車にもしっかりとした鍵がつけられるように、ワイヤー錠やU字ロックが出てきました。最近は多関節ロックというものもあります。多関節ロックは金属のプレートを何枚もつなげているもので、ワイヤー錠とU字ロックに比べて切断するのが難しい作りになっています。

Copyright © 2015 巧妙になりつつある泥棒被害から防犯ガラスで身を守る All Rights Reserved.